エゾノレンリソウ

top
マメ科 Legminosae
マメ科 Fabaceae
セイヨウレンリソウの変種。
レンリソウとよく似ていますが、巻きひげが2-3分岐します。葉は小葉4-8枚で平行脈がやや不鮮明です。
その他はレンリソウと同じで、丈は80cmほど、茎には翼があり、花は1.5-2cm。果実は広線形。
ユーラシアに広く分布し、欧州で改良されたスイトピーの原種とも言われます。

 

2016.7.30 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 托葉

エゾノレンリソウ-全体

青森県の海岸草原や低層湿地のまわりなどでよく見られました。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-全体2

青森県内の海岸のいたる所で見かけました。
(2012.7 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-全体3

複数の株が絡まり合って大きく見えるもの。花の小さいスイトピーのよう。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-花

(2015.6 青森県八戸市)


エゾノレンリソウ-花2

萼には圧毛が見られます。5裂する萼裂片の長さは異なり、一番下が長い。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-花3

旗弁に少し毛が見られました。
(2015.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-実

果実はサヤインゲンのような形。表面に微毛が多く見られました。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-葉

小葉が8枚のもの。先端は巻きひげとなり、2-3分岐します。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-葉2

小葉は長楕円形で先だけ尖り、葉裏や葉軸には毛が見られました。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-葉3

ツルは2-3分岐。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-托葉

春の様子なのでまだ毛が多い。いずれ脱落。
(2015.5 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-茎

茎には翼があります。
(2016.6 青森県八戸市)

エゾノレンリソウ-春

(2016.4 青森県八戸市)