イヌハギ

top
マメ科 Fabaceae
マメ科 Legminosae
1-2mの半低木。全体に黄色い開出する毛に覆われています。葉は3出複葉で小葉は3-6cmの長楕円形。
花序は総状、花は色で旗弁基部に赤い斑が入ります。その他、閉鎖花が葉腋に付きます。

 

2017.10.16 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2

イヌハギ-全体

全体が黄褐色の毛に覆われて、花以外はやや黄色味がかっています。
(2012.8 青森県三沢市)

イヌハギー全体2

(2017.9 長野県 旧・長谷村)


イヌハギ-全体3

(2012.8 青森県三沢市)


イヌハギ-全体4

果期。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)

イヌハギー花

旗弁基部に赤い斑が入ります。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)

イヌハギ-花

萼には黄色い開出毛が密生します。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)

イヌハギ-実

見えている大部分は萼で、その間から楕球状の果実が見えています。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)

イヌハギ-葉

葉は3小葉。葉表にも黄褐色の毛が見られるものもあります。
写真のものはあまりなかった。(2017.9 長野県 旧・長谷村)

イヌハギー葉2

葉裏。黄褐色の毛がほぼ全面にあり、脈上には密生していました。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)

イヌハギー茎

茎には稜があり、稜に黄褐色の毛が密生。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)