マルバヤハズソウ

top
マメ科 Legminosae
マメ科 Fabaceae
よく分枝し茎には上向きの毛があります。葉は3小葉で、小葉はヤハズソウに比べて明らかに葉が丸く、下部では倒卵形で先は凹頭、上部では狭倒卵形で先は円頭。縁と中肋に毛が見られます。
花は長さ約5mm、苞と小苞に1-3脈あります。
よく似たヤハズソウは茎に下向きの毛があり、小葉の先は鈍頭~鋭頭、苞と小苞に5-7脈あります。

 

2016.7.18 更新
  • 全体
  • 葉2
  • 葉3
  • 茎2

マルバヤハズソウ-全体

(2006.9 千葉市)


マルバヤハズソウ-花

(2006.9 千葉市)


マルバヤハズソウ-葉

下部の葉は倒卵形で先が少しへこみます。上部の葉はそれよりやや細く、
へこみも目立たないようですが、葉が密に付きます。(2006.9 千葉市)

マルバヤハズソウ-葉2

小葉の中肋と縁に毛が見られます。軸にも同様の毛が見られました。
(2016.7 千葉市)

マルバヤハズソウ-葉3

(2016.7 千葉市)


マルバヤハズソウ-茎

茎には上向きの毛が見られます。ヤハズソウは下向き。托葉は離生し狭卵形でした。
(2016.7 千葉市)

マルバヤハズソウ-茎2

下部の茎。葉腋ごとによく分枝していました。
(2016.7 千葉市)