ミヤマタニワタシ

top
マメ科 Legminosae
マメ科 Fabaceae
ナンテンハギに似た植物。
丈は30-70cm、茎の上部が葉腋ごとに稲妻型に曲がります。葉は小葉2枚で4-13cmの狭卵形~卵形で先が尖り、シワが多く縁が波だちます。巻きひげは出ません。托葉は卵形~狭卵形で基部にしばしば歯牙があります。
花は葉腋から伸びた柄に5-10個総状に付き、12-17mmで柄はほとんどなく、花の後も苞は残ります。萼裂片はほぼ同形。
ナンテンハギは茎が顕著にジクザクに折れることがなく、小葉の縁はあまり波立たない。

 

2014.6.12 更新
  • 全体
  • 花2
  • 花3

ミヤマタニワタシ-全体

茎が葉腋ごとにジクザクに折れ曲がります。
(2014.6 東京都高尾山)

ミヤマタニワタシ-花

上部の葉腋から花茎を伸ばし、5-10個の花を総状に付けます。
(2014.6 東京都高尾山)

ミヤマタニワタシ-花2

(2014.6 東京都高尾山)


ミヤマタニワタシ-花3

花序柄に毛が見られます。花柄の基部にあるのは苞。
(2014.6 東京都高尾山)

ミヤマタニワタシ-葉

葉は2枚からなり、小葉はシワが多く卵形で先が鋭く尖る。縁が波立ち、微細な鋸歯が
ありました。基部に卵形で先が尖っている托葉が2枚あります。(2014.6 東京都高尾山)