シナガワハギ

top
マメ科 Legminosae
マメ科 Fabaceae
丈は20-150cmほどにもなり、よく分枝します。葉は3小葉で小葉は狭長楕円形、1.5-3cm、波状の鋸歯があります。托葉は線形で2-5mm。
花序はふつう5-10cm、葉腋から伸ばした短い柄に総状に付き、花は黄色で4-6mm。萼は裂片が三角状で毛が多い。果実は2.5mmほどの広楕円形で無毛。

 

2018.8.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

シナガワハギ-全体

海岸付近の草地で群生していました。
(2010.10 千葉県銚子市)

シナガワハギ-全体2

川の土手20mくらいにわたって断続的に見られました。
(2014.8 千葉市)

シナガワハギ-全体3

(2014.8 千葉市)


シナガワハギ-全体4

住宅造成地に群生していました。
(2018.8 千葉県四街道市)

シナガワハギ-花

5cmほどの総状花序で、花は4-6mm。
(2010.10 千葉県銚子市)

シナガワハギ-花3

萼に寝た毛が見られ、花序の軸にも微毛が見られました。
(2016.8 千葉市)

シナガワハギ-花3

花序は葉腋から1つずつ出ます。右は終わり気味で果実になりはじめているもの。
中央は蕾の花序。(2014.8 千葉市)

シナカ゜ワハギ-実

果実は広楕円状の球形で長さ2.5mm。無毛。
(2015.11 千葉市)

シナガワハギ-葉

葉は3小葉。縁に波状の鋸歯があります。
(2014.8 千葉市)

シナガワハギ-葉2

葉裏はやや白く、毛が散生していました。
(2016.8 千葉市)

シナガワハギ-茎

茎には稜があり、少し粉をふいたように白っぽい。
(2014.8 千葉市)