シロツメクサ / モモイロシロツメクサ

top
マメ科 Legminosae
マメ科 Fabaceae
野にあっても何の違和感も感じない外来種。でも最近少し減ったように感じます。
丈は6-20cm、葉は3小葉で極希に4つ葉。小葉は広倒卵形~円形で先が少し凹みます。斑が見られるものも少なくない。
花は8-12mmで30-80の花が集まり花序径は15-30mm。
赤みの強い花もあり、モモイロシロツメクサと呼ばれます。

 

2015.5.3 更新
  • 全体
  • 茎2
  • モモイロシロツメクサ
  • 同・花

シロツメクサ-全体

「超」が3つくらい付くような、おなじみの花ですが、
最近少し少なくなったように感じています。(2016.5 千葉市)

シロツメクサ-花

アップすると、清楚で綺麗。
(2010.6 千葉市)

シロツメクサ-葉

葉は3小葉からなり、小葉は広倒卵形~円形、先が少し凹み、縁には歯牙が見られます。
(2009.6 千葉市)

シロツメクサ-茎

茎は断面が楕円形に近く、地を匍って拡がります。
(2015.4 千葉市)

シロツメクサ-茎

茎には鱗状に托葉が連なり、多くの葉を伸ばします。
(2015.4 千葉市)

モモイロシロツメクサ-全体

モモイロシロツメクサ。かなりはっきりとピンク色に見えました。
(2011.7 千葉県 旧・岬町)

モモイロシロツメクサ-花

花弁の先端ほど赤みが強いようです。
(2011.7 千葉県 旧・岬町)