フジ / シロバナフジ

top
マメ科 Legminosae
マメ科 Fabaceae
つる性落葉木本。ツルは左巻き。葉は20-30cmの奇数羽状複葉、小葉は5-9対、1-10cmの長楕円形~狭卵形で全縁。
花は枝先から垂れ下がる20-100cm総状に付き、長さ1.5-2cmの蝶形花。
似たヤマフジはツルが右巻き、花が2-3cmと大きく、花序は20-30cmと短く花穂が太く見えます。花期は少し早い。

 

2018.4.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • シロバナフジ

フジ-全体

甲斐駒ヶ岳をバックに・・・。
(2008.5 山梨県 旧・明野町)

フジ-全体2

10mを超える杉の大木を完全に飲み込んで見事なフジのツリーになっていました。
(2017.5 新潟県 旧・山古志村)

フジ-全体3

花期が終わりに近づくと、葉が茂ってきます。
(2012.6 青森県 旧・木造町)

フジ-花

近年はやや乾き気味の休耕田でも多く見られ、ヤナギなどに
絡みついている姿をよく見ます。(2018.4 千葉市)

フジ-花

(2018.4 千葉市)


フジ-葉

小葉は5-9対。
(2018.4 千葉市)

フジ-葉2

小葉裏と葉軸。
(2018.4 千葉市)

シロバナフジ

(f. alba) 厳密に言えば蕾が少し色づいていましたが、咲くと白いので・・・。
(2018.4 千葉市)