ナベナ

top
マツムシソウ科 Dipsacaceae
スイカズラ科 Caprifoliaceae
丈は1-1.5mくらい、全体に刺状の剛毛があります。
茎はよく分枝して長く直線状に伸び、葉は対生で頭大羽状に全裂、裂片の先は鋭く尖り、縁には鋸歯が見られます。
頭花は茎頂に球状~楕円球状で約2cm、花床鱗片と呼ばれる刺状のものがあり、小花はその間から咲き、花冠約7mm、先端は4裂。総苞片は線形で1-3cm、頭花から垂れ下がるように付きます。

 

2016.8.29 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

ナベナ-全体

丈は1.5mかそれ以上あったような気がします。
(2007.8 長野県乗鞍高原)

ナベナ-全体2

東北北部は北限ですが、意外に多い。
(2016.8 岩手県岩泉町)

ナベナ-花

花に見えるものは集合花で2cmほど、小花は全て同じ形。
普通、外側の小花から開きます。(2007.8 長野県乗鞍高原)

ナベナ-花2

垂れ下がっている線形のものは総苞片。
(2016.8 岩手県岩泉町)

ナベナ-花3

小花の花冠は4裂。雄しべは4つ。花の間に見える鋭く尖ったものが花床鱗片。
(2014.8 青森県深浦町)

ナベナ-花4

花柄には刺毛が特に多く見られました。
(2014.9 長野県長谷村)

ナベナ-葉

葉は羽状に全裂し、頂小葉が最も大きい。各裂片には鋸歯があり、先端は鋭く尖ります。
全体に毛が多く見られました。(2014.8 青森県深浦町)

ナベナ-葉2

葉裏。
(2016.8 岩手県岩泉町)

ナベナ-茎

茎には稜があり、刺状の毛があります。
(2014.8 青森県深浦町)

ナベナ-実

花床鱗片が刺状に残っています。
(2014.9 長野県 旧・長谷村)