ヒロハヘビノボラズ

top
メギ科 Berberrisaceae
メギ科 Berberidaceae
高さが2-3mまでの低木。葉は枝先に集まって付き、幅が広く、広倒卵形~楕円形、先は尖らず、基部は葉柄状になり、縁には刺状の鋸歯が見られます。
花は短い枝の先に黄色の花を総状に10個ほど付けます。
花序の軸や花柄の赤いものは、アカジクヘビノボラズと呼ばれます。

 

2017.12.27 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2
  • <参考>早池峰山

ヒロハヘビノボラズ-全体

デファクトと思われる姿。葉が丸く大きい。
(2010.5 青森県・旧三厩村)

ヒロハヘビノボラズ-全体2

石灰岩帯で見られたもの。
(2013.6 秩父山地)

ヒロハヘビノボラズ-花

枝先に花序を付け、花序に十数個の花が付きます。
花弁と萼片は6枚ずつ、雄しべも6個。(2013.6 秩父山地)

ヒロハヘビノボラズ-葉

葉は広倒卵形、互生ですが、先端に集まって付くので、しばしば輪生にも見えます。
縁に刺状の鋸歯が多数あります。(2016.5 岩手県岩泉町)

ヒロハヘビノボラズ-葉

やや幅の広いもの。
(2010.5 青森県・旧三厩村)

ヒロハヘビノボラズ-実

(2012.7 青森県 旧・三厩村)


ヒロハヘビノボラズ-早池峰

ここのものは本種とされているようですが、
葉が小さく、マルバヘビノボラズ並にしか見えませんでした。(2008.7 早池峰山)