イカリソウ / ジンバイカリソウ

top
メギ科 Berberrisaceae
メギ科 Berberidaceae
丈は20-30cm、葉は根生葉、茎葉ともに2-3回3出複葉、茎葉は1-2個。小葉はゆがんだ卵形で先が尖り基部は心形、縁に刺状の毛が見られ、葉裏に毛が見られます。冬は地上部がすべて枯れます。
花は総状に付き、15-20mmの花弁4枚で、後ろが距となります。花色は白~ピンクで、配色に変化があります。ただし距は皆白い。萼片は8枚で内側の4枚は花弁状となり、外側の4枚は早落します。花茎が上がってから数日で咲き出します。
花色には変化があり、特に萼だけが赤く、花弁の白いものはジンバイカリソウと呼ばれます。

 

2018.4.24 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 全体6
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 花7
  • 花8
  • 花9
  • 花10
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 芽だし
  • ジンバイカリソウ

イカリソウ-全体

原に点在する木の周囲などで見られました。
一緒に写っている葉は茎葉で2回3出複葉。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-全体2

茎葉が2つのもの。奥にややボケで写っている葉が根生葉。
(2017.4 千葉市)

イカリソウ-全体3

展開しかけている葉は根生葉。花より早い場合も遅い場合もある。
(2017.4 千葉市)

イカリソウ-全体4

花が円錐状に多数付いていたもの。
(2017.4 千葉市)

イカリソウ-全体5

(2014.4 千葉市)


イカリソウ-全体6

(2017.4 千葉市)


イカリソウ-花

下向きに花を付けます。咲く順番は基本的にまちまち。
(2014.4 千葉市)

イカリソウ-花2

上下反転させて撮影。花弁の先端部は2枚が外側、2枚が内側になっていて
それぞれ距に続く。 後ろ側の花弁状のものが内萼片。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-花3

花弁の距は開花時に伸び始める。
(2017.4 千葉市)

イカリソウ-花4
本種は花弁4つ(1,2)、内萼片4つ(3,4)、外萼片4つ(5,6)の構成ですが、詳しくはそれぞれ2枚が2対ずつあり、1-6の順に6段重なります。さらにその上に1-2対の小苞?(7)が加わり、最大で8段になります。5-7は完全に開花するとに早落します。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-花5

外萼片の内側の2片(5)は卵形、外側の2片(6)は少し小さく被針形のことが多く、いずれも
縁は膜質。小苞と思われる2片(7)は狭被針形で2-3mm。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-花6

花4の萼より外側を解体した状態。持って帰るまでに少しくちゃくちゃになってしまった。
5と6の大きさはははっきり違う。(2015.4)

イカリソウ-花7

小苞と思われるものが2列4枚あるもの(7.8)。更に小花柄の付け根に苞と
思われる1mm前後のもの(9)が常に別に見られます。9は早落しない。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-花8

外萼片と小苞と思われるものは完全に開花すると脱落します。
花弁状の内萼片は背景から見ると十字型に付く。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-花9
花柱を取り囲むように雄しべ4本が付きます。
1つの雄しべに葯は2つ。開花時には既に裂開している事が多い。
内側の花弁は閉じ気味のため、少し押し開いて撮影。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-花10

花色の濃いもの。
(2018.4 長野県小諸市)

イカリソウ-葉

葉は根生葉、茎葉ともに2~3回3出複葉でほぼ同形。写真は根生葉。
(2015.4 千葉市)

イカリソウ-葉2

小葉は卵形、縁に刺毛があります。2回目の3出の側小葉が
特にゆがんだ形になることが多い。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-葉2

小葉の裏は脈が浮き出ていて、毛が散生、脈上がやや長い。毛のないものは
ヤチマタイカリソウと呼ばれ、本種の基準変種。西日本で見られます。(2015.4 千葉市)

イカリソウ-葉4

葉裏の脈上などの毛が見られます。縁に透明の組織があり、
その一部が刺状の毛になっていました。(2017.4 千葉市)

イカリソウ-実

若い果実。
(2013.4 千葉市)

イカリソウ-芽だし
左が花茎、右が根生葉。根生葉より少し遅れるかほぼ同時に、花茎が最初から蕾を伴って
上がって来ます。ふつう花茎のほうが毛深い。この後、両者ともに反転して展開します。
(2013.3 千葉市)

ジンバイカリソウ

萼が赤く花弁が白いものはジンバイカリソウと呼びます。
(2009.4 栃木県鹿沼市)