メギ

top
メギ科 Berberrisaceae
メギ科 Berberidaceae
枝は赤褐色で溝と稜があり、節に1-3個の刺が付きます。葉は単枝に集まって付き、5-15cmの倒卵形~楕円形の全縁で先は鈍頭、基部は細まって柄状。
花は枝先に2-4個ずつ付き、径6mm、花弁萼片は同サイズで各6個。果実は晩秋に赤く熟します。

 

2019.4.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 全体6
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 枝2

メギ-全体

谷津田の斜面林の林縁で見られました。
(2018.4 千葉市)

メギ-全体2

ほぼ満開状態でした。
(2018.4 千葉市)

メギ-全体3

(2018.4 千葉市)


メギ-全体

赤味を帯びたもの。
(2017.6 群馬県赤城山)

メギ-全体5

果期
(2017.11 千葉市)

メギ-全体6

(2017.11 千葉市)


メギ-花

花は2-4個ずつ付きます。
(2018.4 千葉市)

メギ-花2

花は3数性、花弁、雄しべは6、花柱先端は盾状に大きく拡がっています。
(2018.4 千葉市)

メギ-花3

花弁に沿って雄しべがあり、雄しべ基部付近に2つの蜜腺が見られます。
花柱先端は盾状に大きく拡がっています。(2019.4 千葉市)

メギ-花4

萼は3枚2列、苞は2枚。
(2019.4 千葉市)

メギ-実

(2017.11 千葉市)


メギ-葉

葉は短枝の先に集まって付き、倒卵形~楕円形。
(2017.6 群馬県赤城山)

メギ-葉2

葉裏。
(2018.4 千葉市)

メギ-枝

枝は褐色で、不規則に縦に割れ、節に1-3個の長い刺が付きます。
(2018.4 千葉市)

メギ-枝2

(2018.4 千葉市)