カラスザンショウ

top
ミカン科 Rutaceae
15mほどになる落葉高木。枝には刺が見られます。
葉は30-80cmの奇数羽状複葉で、小葉は7-15対、5-15cmの長楕円状被針形~被針形、先は尾状、基部は円形、浅い鋸歯があり、両面無毛で裏面は白っぽい。
花は大きな散房状の花序に多数付き、白緑色、萼5、花弁5、雄しべ5。

 

2018.7.21 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

カラスザンショウ-全体

羽状の葉は大きく、30-80cm、花序も大きく20cmにもなります。
(2018.7 群馬県妙義山)

カラスザンショウ-全体2

(2018.7 群馬県妙義山)


カラスザンショウ-花2

雄しべ5は花弁5より長い。
(2018.7 群馬県妙義山)

カラスザンショウ-花2

花序の軸には微細な毛が見られた。
(2018.7 群馬県妙義山)

カラスザンショウ-葉

葉は7-15対の奇数羽状複葉、小葉は長楕円状被針形~被針形。
(2018.7 群馬県妙義山)

カラスザンショウ-葉2

葉裏は白緑色。
(2018.7 群馬県妙義山)

カラスザンショウ-葉3

葉序の軸は無毛でした。
(2018.7 群馬県妙義山)

カラスザンショウ-枝

枝には刺が見られます。
(2018.7 群馬県妙義山)