クマノミズキ

top
ミズキ科 Cornaceae
8-12mになる落葉高木。
葉は枝先に集まって対生し、3-7cmの卵状長楕円形で全縁、先端は尾状に尖ります。葉裏は白粉を帯びます。
花は枝先に散房状に多数付き、花弁は4つで狭長楕円形、雄しべ4、花柱1。萼筒に白い伏毛が密生します。
よく似たミズキは葉が対生し、幅が広く、花弁もやや細い。

 

2018.6.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

クマノミズキ-全体

葉が対生するのがミズキとの違い。花弁もやや細い。
(2017.6 千葉市)

クマノミズキ-全体2

(2018.6 千葉県鴨川市)


クマノミズキ-全体3

(2017.6 千葉県 旧・天津小湊町)


クマノミズキ-全体4

(2018.6 千葉県大多喜町)


クマノミズキ-花

花弁が細く、ミズキより繊細に見えます。
(2017.6 千葉市)

クマノミズキ-花2

花弁は4でミズキより細い。雄しべ4。
(2017.6 千葉市)

クマノミズキ-花3

(2018.6 千葉県大多喜町)


クマノミズキ-葉

葉は対生し、卵状長楕円形で全縁。
上の写真は縁が少し波立っていますが、鋸歯はない。(2018.6 千葉県大多喜町)

クマノミズキ-葉2

葉裏は白い。
(2018.6 千葉県大多喜町)

クマノミズキ-枝

葉は対生するのがミズキとわかりやすい違い。新枝は緑色、または赤褐色。
(2017.6 千葉市)