エゾムラサキ

top
ムラサキ科 Boraginaceae
丈は20-40cm、茎葉は倒被針形で2-6cm、茎とともに粗い毛が見られ、上部の葉はやや茎を抱きます。
花序はサソリ形花序、10-25cmまで伸びます。花は6-8mmではじめはピンク色で後に青色になります。鱗片は黄色。萼は深く裂け裂片は広被針形、毛が多く見られます。

 

2018.2.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4

エゾムラサキ-全体

咲き始めの半はピンク色で、次第に青になります。花序は25cmくらいまで伸びます。
(2008.5 上高地)

エゾムラサキ-全体2

(2008.5 長野県上高地)


エゾムラサキ-全体3

基部でよく分枝します。
(2008.5 長野県上高地)

エゾムラサキ-全体4

(2010.5 青森県 旧・市浦村)


エゾムラサキ-花

サソリ形花序。先出しはピンク色。
(2008.5 上高地)

エゾムラサキ-花2

鱗片は黄色で終わりに近くなると次第に色褪せてくる。花冠の合着している部分が
盛り上がっています。(2008.5 長野県上高地)

エゾムラサキ-花3

萼は深裂し、裂片は広被針形・・・写真は被針形に見えます。
花柄や花序の軸にも寝た毛が多い。(2008.5 長野県上高地)

エゾムラサキ-花4

萼には上向きに寝た毛の他に開出毛が見られました。
(2008.5 長野県上高地)

エゾムラサキ-葉

茎葉は倒披針形、茎・葉に毛があります。上部の葉はやや茎を抱きます。
(2008.5 長野県上高地)