イヌムラサキ

top
ムラサキ科 Boraginaceae
在来種ですが、北半球に広く分布し、都市近郊を中心に帰化したものが多く見られます。
丈は20-50cm、葉は1-3cmの狭被針形~狭長楕円形で無柄、伏毛があり、縁には開出した毛が見られ、やや裏側に巻く。中央脈だけ凹みます。茎は細く4稜が見られます。
花は径3-4mmで白、葉腋に1つずつ付き、鱗片がありません。萼は線形で開出した毛が多い。

 「日本の野生植物」ではイヌムラサキ属

 

2012.5.1 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 葉・実

イヌムラサキ-全体

花壇様の貸し農園のような所にあったもの。まさか植えたものとは思えませんが、他の植物に紛れて生えて放置された・・・そんな感じでした。(2012.4 千葉市) <植栽?>

イヌムラサキ-全体2

花冠の中心部付近が僅かに黄ばむと聞いていましたが、写真でもはっきりしませんでした。
(2012.4 千葉市) <植栽?>

イヌムラサキ-花

萼は基部まで5裂します。兎に角毛が多い。
(2012.4 千葉市) <植栽?>

イヌムラサキ-葉・実

葉は被針形~狭長楕円形で無柄、縁はやや裏側に反り返り長い毛が見られます。
中央脈だけが凹む。果実は4心皮からなります。(2012.4 千葉市) <植栽?>