ナヨナヨワスレナグサ (タビラコモドキ)

top
ムラサキ科 Boraginaceae
在来種とも外来種とも言われるワスレナグサ。
丈は40-60cm、茎が細く、もたれかかるように伸びます。葉は長楕円形~狭長被針形で先は鈍頭、柄は見られません。
花序はさそり形花序で、細長く伸びてややまばらに花を付け、花はやや小さく約3mmで淡青色、鱗片は黄橙色。

※ 従来、タビラコモドキとされていた学名。
本サイトではこれにナヨナヨワスレナグサの名称を用いました。詳しくは「名称について」タブを参照ください。

 

2016.5.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 名称について

ナヨナヨワスレナグサ-全体

丈は60cm前後のようで、花序はよく伸びます。
(2012.5 静岡県富士市)

ナヨナヨワスレグサ-全体2

(2011.5 静岡県富士市)


ナヨナヨワスレナグサ-全体3

(2016.5 東京都朝霞市)


ナヨナヨワスレナグサ-花

花は約3mm。鱗片は黄橙色。
(2016.5 東京都朝霞市)

ナヨナヨワスレナグサ-花2

さそり花序です。
(2016.5 東京都朝霞市)

ナヨナヨワスレナグサ-花

花冠は5裂ですが、4裂のものもあるようです。
(2011.5 静岡県富士市)

ナヨナヨワスレナグサ-葉

葉は楕円状の広線形で、先は丸くあまり尖りません。
(2012.5 静岡県富士市)

ナヨナヨワスレナグサ-葉2

葉表にはまばらに上向きの伏毛が見られました。
(2016.5 東京都朝霞市)

ナヨナヨワスレナグサ-葉3

葉裏。葉表同様、まばらに上向きの伏毛が見られました。
(2016.5 東京都朝霞市)

ナヨナヨワスレナグサ-葉4

下部の葉。最下部の葉はそれより上に比して基部が細く、やや柄状にも見えました。
(2016.5 東京都朝霞市)

ナヨナヨワスレグサ-茎

茎にまばらに毛が見られました。葉には柄がなく、茎は抱かない。
(2011.5 静岡県富士市)

従来の見解では、ここに掲載のナヨナヨワスレナグサはssp. baltica とされてきました。
が、近年、ssp. caespitosa であるとされているようです。

従って、「在来種」となります。

従来、ssp. caespitosa には「タビラコモドキ」の和種名が用いられており、Y-Listに従えば、ここに掲載のものは「タビラコモドキ」になります。

一方、「日本の野生植物」では、「ナヨナヨワスレナグサ」の和種名を ssp. caespitosa に当て、「タビラコモドキ」の別名としています。
(ssp. baltica をssp. caespitosa のsynonym とするという見解ではない)

ssp. baltica は日本にはないと思われることから、和種名を移動しても誤解が生じず、むしろわかりやすいと思われ、本サイトでは後者の名称を選択しました。