オニルリソウ

top
ムラサキ科 Boraginaceae
丈は0.6-1.2m、全体に毛があり、下部の茎に開出した粗い毛が見られます。葉は10-20cmの長楕円状被針形で、両端が尖ります。
花はさそり型花序に付き、花は径3-4mm、果実は全面に突起があり、粘ります。花序は最終的に10-20cmになる。
よく似たオオルリソウは、茎の毛が更に短く、下部でも圧毛または斜開する程度。

 

2016.8.7 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 茎2

オニルリソウ-全体

数株ずつまとまって、道沿いに点々と見られました。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-全体2

(2016.8 栃木県日光市)


エニルリソウ-全体3

花が終わり気味のもの。花序が長く伸びて咲いている花も小さかった。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-花

花序は長く伸び、10-20cmになります。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-花2

花は径3-4mm。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-花3

花序はさそり形。花序には上向きの圧毛が多く見られました。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-実

全面に突起があり、粘ります。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-葉

葉は10-20cmの長楕円状被針形、先は鋭く尖ります。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-葉2

葉裏。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-茎

下部の茎。開出した粗い毛が見られます。但し、このように見られるのは下部の茎だけ。
(2016.8 栃木県日光市)

オニルリソウ-茎2

中部付近の茎。開出毛は少なく多くは上向きの伏毛。
(2016.8 栃木県日光市)