ヤマルリソウ

top
ムラサキ科 Boraginaceae
山地で春の早い時期から約1カ月くらい、次々と花を付けます。
丈は7-20cm。茎は斜上して伸び、全体に開出毛が多く見られます。根生葉はロゼット状で7-10cmの倒被針形で縁は波立ち、茎葉は茎を抱きます。
花序は斜上する茎の先端に総状に付き、分岐せず、花は約1cmの淡青紫色。鱗片は白い。
花のあとから出る根生葉は大きく、10-20cm。

 

2018.3.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 全体6
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5
  • 早春

ヤマルリソウ-全体

花序は総状です。
(2009.3 高尾山)

ヤマルリソウ-全体2

茎が斜上するか、匍ってから立ち上がるように伸びる。
(2012.4 東京都高尾山)

ヤマルリソウ-全体3

沢山の花を付けた大きな株。
(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-全体5

茎は地を匍ったり斜上したりして伸び、上部は立ちあがる。
(2017.4 東京都高尾山)

ヤマルリソウ-全体6

茎が伸びて蕾が見えてきた状態。まもなく開花。
(2017.4 東京都高尾山)

ヤマルリソウ-全体4

3月上旬に小型株のまま咲き出したもの。
(2018.3 千葉県鴨川市)

ヤマルリソウ-花

花は約1cmで、最初ピンク色。次第に青くなっていく。
(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-花2

萼裂片は被針形。
(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-花4

鱗片の下に組織が薄くなっているか、穴のようなごく小さいものが撮影した全ての個体に
ありましたが、何でしょうか?(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-花5

開口している部分から、雌しべとそれを囲む5本の雄しべの一部が見えました。
(2016.4 東京都高尾山)

ヤマルリソウ-花3

花序は総状花序・・・とされていますが・・・。
(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-花6

蕾は巻いていて、さそり形花序のように見えなくもない。
(2017.4 東京都高尾山)

ヤマルリソウ-実

花は終わると下を向きます。
(2015.5 東京都八王子市)

ヤマルリソウ-実2

萼の内側に4つの分果からなる果実が見られました。
(2014.5 東京都八王子市)

ヤマルリソウ-葉

根生葉は茎葉の2倍以上大きく、倒被針形。花の頃でも新葉が次々と出て、
その間から茎を出します。(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-葉2

茎・葉の両面、花柄、、萼など全てが毛に覆われています。茎葉は茎を抱く。
(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-葉3

葉表。細毛が多く見られます。
(2016.4 東京都高尾山)

ヤマルリソウ-葉4

葉裏。毛の他に腺点のようなものが見られました。
(2016.4 東京都高尾山)

ヤマルリソウ-葉5

花の後に出る葉は大きく、20cmくらいになるものもありました。
(2014.5 東京都八王子市)

ヤマルリソウ-茎

花は1cmほど。全体に毛が多く見られます。茎葉の縁はやや波立ち基部は茎を抱く。
(2014.4 千葉県 旧・天津小湊町)

ヤマルリソウ-早春

(2017.3 東京都高尾山)