クモマミミナグサ

top
ナデシコ科 Caryophyllaceae
ミヤマミミナグサの変種で花弁が1回しか裂けないもの。
丈は10-20cm、葉は8-20mmの広線形~線状被針形で暗い緑色をしており、多少毛が見られます。茎は1列の毛があり、暗紫色のものが多い。
花は花弁長さ9-12mm、1/3まで2裂し、それ以上は裂けません。
基準変種のミヤマミミナグサは、花弁が2中裂し、更に2浅裂します。

 

2018.7.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2

クモマミミナグサ-全体

茎が褐色で葉がやや暗い色をしたものが多い。
(2009.8 北ア・八方)

クモマミミナグサ-全体2

八方池の周囲では沢山見られる。
(2018.8 北ア・八方)

クモマミミナグサ-全体

(2015.8 北ア・八方)


クモマミミナグサ-花

花弁はミヤマミミナグサのように2回裂けない。
(2018.7 北ア・八方)

クモマミミナグサ-花2

(2018.7 北ア・八方)


クモマミミナグサ-葉

葉の表面に微毛が見られました。縁にも少し毛が見られるものもありました。
(2015.8 北ア・八方)

クモマミミナグサ-茎

茎には1列に並んだ毛が見られます。
(2015.8 北ア・八方)