ミヤマハコベ

top
ナデシコ科 Caryophyllaceae
茎の下部は地を匍い、立ちあがって丈は10-35cmほどになります。葉は長柄があり、先の尖った広卵形で1-4cm、黄緑色をしており、葉柄やその基部に軟毛が見られます。
花は1-1.5cm、花弁は2深裂、萼片は花弁とほぼ同長で裏に軟毛が見られます。花柱は3つ。
同じような所にあるよく似たサワハコベは花弁が中裂です。

 

2017.5.6 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ミヤマハコベ-全体

よく見るとサワハコベと似ているのですが、パッと見た瞬間の印象は違います。
(2012.4 千葉県君津市)

ミヤマハコベ-全体2

咲き始めてまもないもの。茎はあまり立ちあがらず、匍うように拡がっていました。
(2017.5 茨城県 旧・桂村)

ミヤマハコベ-全体3

サワハコベ同様、沢沿いなどで見られます。
(2011.5 栃木県 旧・黒磯市)

ミヤマハコベ-全体4

(2012.4 千葉県君津市)


ミヤマハコベ-全体5

葉は柄がありますが、上から見るとわかりにくく、時に茎を抱いているようにも見えます。
(2011.5 栃木県 旧・黒磯市)

ミヤマハコベ-花

花弁はサワハコベより深く裂け、深裂して10枚花弁に見えます。
(2008.5 栃木県日光市)

ミヤマハコベ-花2

花柱は3、雄しべは10。
(2016.4 東京都高尾山)

ミヤマハコベ-花3

萼には毛が見られました。
(2016.4 東京都高尾山)

ミヤマハコベ-葉

葉は広卵形~広三角状卵形、柄があります。
(2016.4 東京都高尾山)

ミヤマハコベ-葉2

茎には1列の毛があり、葉柄や葉裏の脈上にも長い毛が見られました。
(2016.4 栃木県栃木市)