オオビランジ

top
ナデシコ科 Caryophyllaceae
丈は30-60cmとビランジより大きく、茎は無毛、葉は1.5-6cmの被針形~広被針形で縁毛が見られます。
花は2出集散状に少数付き、花径2-3cm、花弁先端は2浅裂、萼筒に毛は見られません
品種・ビランジは、全体に小型で茎の上部に毛があり、萼にも毛が見られます。

 

2016.2.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

オオビランジ-全体

林内や林縁の岩場や礫地から垂れ下がる姿で見る事が多いです。
(2012.9 山梨県 旧・白州町)

オオビランジ-全体2

(2012.9 山梨県茅ヶ岳)


オオビランジ-全体3

北向きの林縁に近い花崗岩の砂礫地にあったもの。
丈が小さく、やや特異な形状と思います。(2012.10 山梨県 旧・白州町)

オオビランジ-花

花弁の先端は2裂。
(2012.9 山梨県 旧・白州町)

オオビランジ-花2

副花冠が見られます。
(2012.10 山梨県 旧・白州町)

オオビランジ-花2

萼に毛は見られません。
(2012.10 山梨県 旧・白州町)

オオビランジ-葉

葉は狭被針形~広被針形。写真のものは、雨不足でちょっと元気がないようです。
(2012.9 山梨県 旧・白州町)

オオビランジ-葉2

向陽地の葉。林内のものよりやや厚みがあるようです。茎には毛が多く見られました。
(2012.10 山梨県 旧・白州町)