シコタンハコベ

top
ナデシコ科 Caryophyllaceae
高山の礫地にマット状に拡がる花。
丈は7-17cm、茎は株立ちとなり、葉は1-3cmの長卵形~卵形、先が鋭く尖りやや厚みがあって白っぽい緑色をしています。
花は茎頂や葉腋に付き15-20mmほどで、花弁は2深裂します。萼片は花弁の半分強くらい。裂開前の葯は明るい朱色。

 

2012.2.13 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3

シコタンハコベ-全体

岩礫地に広がった見事な株。
(2010.8 北岳)

シコタンハコベ-全体2

(2010.8 北岳)


シコタンハコベ-全体3

礼文のものは、茎がよく斜上していて、だいぶ印象が違います。
(2007.6 礼文)

シコタンハコベ-花

赤い葯が第一のトレードマーク。
(2007.6 礼文)

シコタンハコベ-葉

青白い色をした卵形の葉もトレードマーク。
(2010.8 北岳)