イガホオズキ

top
ナス科 Solanaceae
まばらに刺状の突起がある実が特徴のホオズキ。
丈は50-70cm。葉は4-13cmの卵形~広卵形、咲きはツンと尖り柄があって、縁に毛が見られます。
花は直径5mmほどの広鐘形で先端はごく浅く5裂し、淡黄色、萼に太い毛が密生します。果実は球形で1cm、白色に熟し、その外側を萼が包み、萼に刺状の突起が見られます。

 

2016.7.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

イガホオズキ-全体

果実に突起があるというわかりやすい特徴。
(2014.7 東京都八王子市)

イガホオズキ-全体2

萼に多数の刺状の突起があるのが名の由来。
(2016.6 東京都高尾山)

イガホオズキ-花

花は5mmほど。先端が少し5裂します。萼の太い毛が目立ちます。
(2014.7 東京都八王子市)

イガホオズキ-花2

花冠も微毛が多い。
(2016.6 東京都高尾山)

イガホオズキ-実

果実には刺状の突起があり、若い果実では突起の先端に毛が残っています。
(2014.7 東京都八王子市)

イガホオズキ-葉

葉は卵形~広卵形で先端は尖り、柄があります。茎に太い毛が散生しています。
(2014.7 東京都八王子市)

イガホオズキ-葉2

葉は卵形~広卵形、縁毛が見られます。
(2013.5 東京都八王子市)

イガホオズキ-葉3

葉表には軟毛が多い。
(2016.6 東京都高尾山)

イガホオズキ-葉4

葉の縁には短毛があり、脈上にも毛が散生します。
(2014.7 東京都八王子市)

イガホオズキ-茎

茎や葉柄には毛が見られました。葉には柄があり、基部は茎に流れるような感じ。
(2016.6 東京都高尾山)