ショクヨウホオズキ

top
ナス科 Solanaceae
丈は20-40cm、全体に軟毛が多い。葉は卵形で、先は短く尖り基部は左右非対称、まばらにごく浅い鋸歯があり、柄があります。
花は葉腋に1つ、下向きに咲き、花冠径1cm、クリーム色で基部付近が濃い紫色、5浅裂し、平開します。果実は緑色の苞に包まれ、球形で2cm、黄色に熟します。

 

2017.10.29 更新
  • 全体
  • 全体2

センナリホオズキ-全体

丈は20-30cmほど。全体に毛が多い。
(2006.9 千葉市)

ショクヨウホオズキ-全体2

(2006.9 千葉市)


ショクヨウホオズキ-花

花は淡黄色で8mmほど、下向きに咲きます。
(2006.9 千葉市)

ショクヨウホウズキ-実

実の外側は萼が変化したもので、熟しても赤くならない。
果期にも萼は毛が密生しています。 (2006.9 千葉市)

ショクヨウホオズキ-葉

葉は広卵形で波状の鋸歯があるのですが、まばらで、写真のものは
わずかにしか見られませんでした。(2006.9 千葉市)

ショクヨウホオズキ-茎

茎にも軟毛が見られます。
(2006.9 千葉市)