トウゴクヘラオモダカ <暫定>

top
オモダカ科 Alismataceae
最下段の枝が2本しか出ないのが特徴のヘラオモダカ。葉はヘラオモダカに比してやや小型ですが、形は同じ。花はやや小型で葯が褐色であるところが異なります。

注:写真は全て植栽のものです。

 

2014.7.21 作成
  • 全体

トウゴクヘラオモダカ-全体

残念ながら自生では撮影できませんでしたが、間近で観察できたので
特徴はよく判りました。(2014.7 東京都八王子市) <植栽>

トウゴクヘラオモダカ-花

裂開前の葯は褐色。ヘラオモダカはふつう黄緑色。
(2014.7 東京都八王子市) <植栽>

トウゴクヘラオモダカ-茎

最下段から出る枝は2本。でも苞は3枚あり、1枚は空で主茎に沿っていました。
(2014.7 東京都八王子市) <植栽>