ウリカワ

top
オモダカ科 Alismataceae
走出枝を出して増えます。
葉は全て根生し、長さ10-15cm、幅5-8mmの広線形で僅かに先のほうが幅が広い
花は雌花が花序の基部に、雄花がその上に3個ずつ2-3段に付き、雄花には花柄がありますが、雌花にはない。花弁3、萼3で、花弁は8-10mmの卵円形。

 

2017.7.31 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 葉2
  • 葉3

ウリカワ

偶然見られましたが、耕作中の田んぼなので中に入るわけにもいかず、望遠で撮影。
花は雌花。(2017.6 千葉県)

ウリカワ-全体2

咲いているのは雄花。
(2017.6 千葉県)

ウリカワ-全体3

群生していましたが、まだ咲きはじめのようで、咲いているものは希でした。
(2017.6 千葉県)

ウリカワ-花

(2017.7 千葉県)


ウリカワ-花2

雌花。
(2017.6 千葉県)

ウリカワ-花3

(2017.7 千葉県)


ウリカワ-花4

雌花は無柄。
(2017.6 千葉県)

ウリカワ-花5

雄花。
(2017.6 千葉県)

ウリカワ-花6

(2017.7 千葉県)


ウリカワ-実

若い果実。
(2017.7 千葉県)

ウリカワ-葉

葉の多くは10cm弱で広線形・・・わずかに先端が広いへら形。
(2017.6 千葉県)

ウリカワ-葉2

若い葉。右:表 左:裏
(2017.6 千葉県)

ウリカワ-葉3

しばらくたつと、葉に横しわが見られるものが多く見られた。
(2017.6 千葉県)