サワオトギリ

top
オトギリソウ科 Guttiferae
オトギリソウ科 Hypericaceae
丈は10-40cm、成長した株はよく分枝します。葉は3-3.5cmの倒卵形~長楕円形で先は円頭~鈍頭、基部は柄状。葉面に多数の明点があり、縁には少数の黒点が見られます。
花は茎頂に2出集散状に付き、径1cm前後、萼、花弁ともに、明線と明点があり、縁に黒点が入ります。

 

2017.12.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

サワオトギリ-全体

花も小さく、花数も少なく、オトギリソウの中でも少し地味です。
(2011.7 群馬県尾瀬)

サワオトギリ-全体2

小型の株が多いですが、成長するとよく分枝してこのような姿になるようです。
(2015.7 秋田県八幡平)

サワオトギリ-花

花は小さめで1cm、花弁に明線が、縁に黒点が見られます。
(2011.7 群馬県尾瀬)

サワオトギリ-花2

花柱先端は雄しべと同じくらいの長さ。明線は反射光では見えにくい。
(2016.7 群馬県尾瀬)

サワオトギリ-花3

萼にも明線があり、縁に黒点が少し見られます。
(2015.7 秋田県八幡平)

サワオトギリ-葉

明点は多数。縁の黒点はごく少数で肉眼では確認しずらい場合も・・・。
(2015.7 群馬県片品村)

サワオトギリ-葉2

葉裏から明点を反射光で見たら、こんな感じになっていました。
(2016.7 群馬県尾瀬)

サワオトギリ-茎

葉には短柄が見られました。
(2015.7 群馬県片品村)