ネジバナ / シロバナモジズリ

top
ラン科 Orchidaceae
最も身近なランで芝生などでよく目にします。
丈は10-40cm、根生する葉は数個で5-20mmの広線形、茎に1-3個の被針形の小さな鱗片葉が付きます。
花は螺旋状にねじれた穂状花序に多数付き、長さ4-6mm、唇弁に毛状の突起が見られます。
白花はシロバナモジズリと呼ばれます。

 

2014.6.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 群生
  • シロバナモジズリ
  • 同・花

ネジバナ-全体

いつのまにか芝などによく生え、ほっておくとどんどん増えます。
(2007.6 千葉市)

ネジバナ-全体2

芝刈り時に多少葉をちょん切られても元気に花を付けます。
(2010.6 千葉市)

ネジバナ-花

この2本は、回転方向が逆。ねじり方向は一定せず、全くねじられないものもあります。
(2006.6 千葉市)

ネジバナ-花2

よく見ると、ちゃんとランらしい花になっています。
(2008.6 千葉市)

ネジバナ-花3

限りなくシロバナモジズリに近い・・・。
(2014.6 千葉県 旧・成東町)

ネジバナ-葉

葉は前年秋に芽吹いて、そのまま越冬します。
(2014.3 千葉市)

ネジバナ-銀製

全体1の写真の3年後・・・どんどん増えて、ほっておいたらこのようになりました。
最近は芝生のほうが負けています。(2010.6 千葉市)

シロバナモジズリ-全体

シロバナモジズリ。滅多に見ませんが、普通のネジバナに混じって見られます。
「モジズリ」はネジバナの別名。(2014.6 千葉件 旧・成東町)

シロバナモジズリ-花

(2013.6 千葉市)