サイハイラン

top
ラン科 Orchidaceae
名の由来は武将が戦で持つ采配による。
丈は30-40cm、葉は2個て゛15-35cmの狭長楕円形。茎葉は燐弁状。
花は総状に10-20個付き、長さ3-3.5cm、萼は細長く、ややくすんだピンク、側花弁も同様で、唇弁は鮮やかなピンクで先端が3裂。

 

2017.6.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 蕾2
  • 葉2

サイハイラン-全体

下に前年の大きな葉が1枚だけ残っていましたが、花後に2枚出る。
(2017.5 千葉市)

サイハイラン-全体2

色が鮮やかなものもあるのですが・・・。
(2007.7 礼文島)

サイハイラン-全体3

多くは残念ながら色が悪いものがほとんどで、お世辞にも綺麗と言えない。
(2008.5 筑波山)

サイハイラン-全体4

唇弁を除いて純白のものもありました。種としては分けません。
(2013.6 福島県裏磐梯)

サイハイラン-花

(2017.5 千葉市)


サイハイラン-花2

(2013.6 東京都高尾山)


サイハイラン-花3

花はやや下向きで完全には開きません。
(2007.7 礼文島)

サイハイラン-花4

花柄の基部に萼と同色の苞が付きます。
(2017.5 千葉市)

サイハイラン-花5

唇弁の先端は3裂いますが、側裂片は小さい。
(2015.6 東京都高尾山)

サイハイラン-花6

唇弁中央裂片が白いもの。
(2017.5 千葉市)

サイハイラン-蕾

苞状のもので蕾花序全体が包まれていました。苞自体は別にあるので、
この苞状のものは「葉」なのでしょうか?(2017.5 青森市)

サイハイラン-蕾2

蕾は植えを向いて出てくるようです。
(2009.6 新潟県笹ヶ峰)

サイハイラン-葉

葉は長楕円形。
(2007.7 礼文島)

サイハイラン-葉2

茎葉は鱗片状。
(2015.6 東京都高尾山)