セッコク

top
ラン科 Orchidaceae
学名でもわかるとおり、純国産のデンドロビューム。
樹木などに着生し、茎は5-25cm、葉は被針形で4-7cm。
花は前々年生の葉の落ちた茎の上部の節から花茎を伸ばして1-2個付き、花径4cm、萼と側花弁は同長で22-25mm、唇弁は少し短く卵状楕円形で先が尖り、口辺部中央内側に短毛が見られます。

 

2018.1.3 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2

セッコク-全体

多くの方々の努力で守られていると容易に想像できます。
(2012.6 東京都高尾山)

セッコク-全体2

(2012.6 東京都高尾山)


セッコク-全体3

(2012.6 東京都高尾山)


セッコク-花

若い株は全体がわかりやすい。葉は茎の節状の所に付き、葉が落ちた所に花が付きます。
(2012.6 東京都高尾山)

セッコク-花2

唇弁はやや幅広で短く、口辺部中央内側に黄色い毛が見られました。
(2012.6 東京都高尾山)

セッコク-葉

葉は被針形で光沢があります。
(2012.6 東京都高尾山)