ホソバリンドウ

top
リンドウ科 Gentianaceae
リンドウの品種で、痩せた湿生地などで見られます。
丈は50cm程度までのものが多く、葉は細く線形茎、葉ともに赤味を帯びるものが多い。
花は上部の葉腋に数個つく程度で多くはありません。花冠はリンドウと変わりなく、大きさもほぼ同じ。

 

2016.4.16 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3

ホソバリンドウ-全体

草紅葉とヤマラッキョウが咲く中、青い花はよく目立ちました。
秋らしいキュートな色合いで可愛らしい。(2010.11 千葉県・旧成東町)

ホソバリンドウ-全体2

花数は3-4個くらいまで、花の付く場所も上部に葉腋2-3段までのようでした。
(2010.11 千葉県・旧成東町)

ホソバリンドウ-全体3

(2013.11 千葉県 旧・成東町)


ホソバリンドウ-全体4

(2017.10 千葉県 旧・成東町)


ホソバリンドウ-花

花色の薄いものが多いですが、それ以外はリンドウとほとんど変わりありません。
(2008.11 千葉県・旧成東町)

ホソバリンドウ-花2

裂片にシミのような小さな斑が見られます。
(2013.11 千葉県 旧・成東町)

ホソバリンドウ-花3

(2013.11 千葉県・旧成東町)


ホソバリンドウ-葉

葉は広線形でしばしば赤みを帯びます。
(2017.10 千葉県 旧・成東町)

ホソバリンドウ-茎

茎には葉から続く不明瞭な稜が見られます。
(2014.10 千葉県 旧・成東町)

ホソバリンドウ-春

(2016.4 千葉県 旧・成東町)