ムラサキセンブリ

top
リンドウ科 Gentianaceae
山地性のセンブリ。
丈は50-70cm、茎はやや太く、紫色を帯びることが多い。葉は密に対生し、2-4cmの線状被針形で先が尖ります。
花は茎頂や上部に葉腋に付き、花冠径2-3cm、淡い紫色、5深裂し、裂片には紫条があり、基部付近に2つの蜜腺溝があって、その周囲に少し縮れた毛が見られます。

 

2017.10.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

ムラサキセンブリ-全体

日当たりの良い、山道や林道の縁や法面に多く見られました。
(2012.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-全体2

丈は30-70cmくらいで、結構大きくなります。まだ咲き始めのようで、
花はパラパラ程度しか咲いていませんでした。(2012.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-全体3

(2017.10 長野県)


ムラサキセンブリ-全体4

(2012.10 山梨県)


ムラサキセンブリ-花

花冠の直径は3cmとやや大きく、濃い紫色の筋が目立ちます。萼は線形。
(2012.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-花2

花冠裂片には2つの蜜腺溝があり、まわりを白い筒状のものが囲み、
更にそこから紫色の長い毛が伸びています。(2015.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-花3

萼裂片は線形で花冠裂片より短い。
(2015.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-花4

花柄は太く、明瞭な稜が見られました。
(2012.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-実

(2017.10 長野県)


ムラサキセンブリ-葉

葉は線状被針形、3脈が見られました。
(2012.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-葉2

上部の葉は線形~線状被針形で小さい。
(2012.10 山梨県)

ムラサキセンブリ-茎

茎の断面は四角形。葉の基部は茎を少し抱く。
(2012.10 山梨県)