サンプクリンドウ

top
リンドウ科 Gentianaceae
丈は2-9cm、茎葉は1-2cmの長楕円形~広被針形、先端は丸く、基部も丸くて無柄。
花は上部の葉腋から柄を伸ばして付き、花冠長さ1-1.5cm、先端が5つに浅く裂け、裂片は卵形で先は鈍頭、筒部が長く、細裂した内片がねじれたように筒部の喉部をふさぎます。萼裂片は長さが不揃いで直立または斜開します。

 

2016.2.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

サンプクリンドウ-全体

丈は10cm以下。葉腋から伸ばした枝に1つずつ花を付けます。沢山蕾があるように
見えますが、上2つは終わった花、下にある蕾よりかなり大きい。(2013.9 山梨県北岳)

サンプクリンドウ-全体2

丈が2cmくらいの株でも、花を付けます。ただし花は普通のものよりかなり小さく、
花径は2-3mmと極小。(2013.9 山梨県北岳)

サンプクリンドウ-花

花冠の喉部には濃い紫色の斑が多数見られ、内片が喉部を塞ぎます。よく見ると、内片は
花が閉じたときの花冠裂片同様、ねじれるように合わさっています。(2013.9 山梨県北岳)

サンプクリンドウ-花2

咲き進むと内片のねじれが解けてわずかに開きます。先端は細かく裂けていますが、
オノエリンドウのように直立しないようです。(2013.9 山梨県北岳)

サンプクリンドウ-花3

筒部は中央がやや膨れています。萼は開出します。
(2013.9 山梨県北岳)

サンプクリンドウ-葉

葉は広被針形、3脈があり、先端は尖りません。
(2010.8 山梨県北岳)

サンプクリンドウ-葉2

(2013.9 山梨県北岳)