トウヤクリンドウ

top
リンドウ科 Gentianaceae
やや黄色みを帯びた白いリンドウ。
丈は10-20cm、茎葉は数対付き、2-5cmの被針形。根生葉は花茎の脇に束生し、線状被針形で8-15cm。
花は上部の葉腋に付き、花冠は3.5-4cm、あまり開かず、淡黄色で濃緑色の斑が入ります。斑は点状、線状といろいろ。副片は小さく目立たない。萼裂片は三角状被針形で筒部と同長。

 

2016.3.11 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4

トウヤクリンドウ-全体

草丈は小さく、10-20cmほど。花茎が立ちあがるすぐ後ろに束生している
線状被針形の葉が根生葉で8-15cmと長い。(2010.8 山梨県北岳)

トウヤクリンドウ-全体2

(2009.8 北ア・白馬岳)


トウヤクリンドウ-全体3

(2009.8 山形県月山)


トウヤクリンドウ-花

まとまって見事でしたが、見事終わり気味で花はほとんど開かなくなっていました。
(2006.8 北ア・立山)

トウヤクリンドウ-花2

萼片はふつうやや開くようです。
(2009.8 北ア・白馬岳)

トウヤクリンドウ-花2

咲き始めの花はこの程度まで開いてくれます。
(2009.8 山形県月山)

トウヤクリンドウ-花4

八ヶ岳のものは、黒い線が太くて濃く見えるものがあり、特につぼんでいると
黒さが目立ちました。(2009.8 長野県八ヶ岳)

トウヤクリンドウ-葉

葉は対生し、被針形で基部は茎を抱きます。
(2009.8 北ア・白馬岳)