ヌマトラノオ

top
サクラソウ科 Primuraceae
良く見るトラノオのうち、全体がスリムで花序が鋭角の三角錐状になり、まっすぐ上を向くのが特徴です。よく群生します。
丈は40-70cm、茎には微毛が散生しますが目立たない。葉は4-7cmの被針形~倒被針状楕円形で先は鋭く尖り、基部も鋭いくさび形、柄はありません。
花は茎頂の総状花序に付き、径5-6mm、裂片は倒卵形で先は丸い。花柄は3-5mmと短い。花序は直立します。
よく似たオカトラノオノジトラノオは花序が垂れます。

 

2019.7.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 芽だし
  • 雑種について

ヌマトラノオ-全体

花穂は垂れずに上を向きます。
(2016.7 千葉県 旧・成東町)

ヌマトラノオ-全体2

(2010.7 渡良瀬遊水池)


ヌマトラノオ-全体3

よく群生します。数十匹のベニシジミが花に群がっていました。
(2013.6 千葉県 旧・成東町)

ヌマトラノオ-花

(2016.7 千葉県 旧・成東町)


ヌマトラノオ-花2

花は他のオカトラノオなどとほぼ同じです。花冠基部や花糸は粒状の突起のような
もので覆われているように見えました。(2015.7 千葉県 旧・成東町)

ヌマトラノオ-花3

萼や柄に微細な毛が見られました。おそらく花序の軸にもある。
(2019.7 千葉県 旧・成東町)

ヌマトラノオ-花4

(2018.8 千葉市)


ヌマトラノオ-実

(2017.7 千葉県 旧・成東町)


ヌマトラノオ-葉

葉は被針形~倒被針状楕円形で無毛。
(2016.7 千葉県 旧・成東町)

ヌマトラノオ-葉2

葉裏。微細な毛と思われるものが多数あり、小さな腺点らしきものも見られました。
(2019.7 千葉県 旧・成東町)

ヌマトラノオ-茎

茎には希にごく微細な毛が見られることがありますが、目立たたない。
(2015.7 千葉県・旧成東町)

ヌマトラノオ-芽だし

この頃の葉は狭長楕円形~狭倒被針形に見えました。毛はほとんど見られない。
(2014.4 千葉県 旧・成東町)


渡良瀬遊水地湿地資料館のブレゼンテーション資料より。
許可を得て撮影。 (2018.8)