サワトラノオ

top
サクラソウ科 Primuraceae
丈は40-80cmほど、茎には稜があり、無毛。葉は互生で倒被針状線形~広線形で先は鈍頭~鋭頭、基部は短柄が見られるものもあります。
花は茎頂の総状花序に密に付き、柄は6-10mm、花冠長さ4mm、5裂し、裂片は倒卵形で先は丸い。花序は垂れない。果実は球形で2.5mm。
良く似たサワトラノオは、葉の幅が広く、花序が長い。

 

2019.5.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

サワトラノオ-全体

咲き進んでも花穂は垂れません。
(2012.5 静岡県)

サワトラノオ-全体2

咲き始めの状態。
(2011.5 静岡県)

サワトラノオ-花

花冠裂片は丸く、先は尖らない。
(2012.5 静岡県)

サワトラノオ-花2

花弁はふくよかで先は尖らない。
(2011.5 静岡県)

サワトラノオ-花3

(2019.5 静岡県)


サワトラノオ-葉

葉は倒被針状線形~広線形で、縁が波立っています。
(2019.5 静岡県)

サワトラノオ-葉2

葉裏。
(2019.5 静岡県)

サワトラノオ-茎

(2019.5 静岡県)