(型) ムラサキマムシグサ -カントウマムシグサの別形状-

top
サトイモ科 Araceae
仏炎苞が紫色のカントウマムシグサ
仏炎苞の舷部と筒部がほぼ同長。花は葉より上に付くものも下に付くものも見られます。花序の付属帯の先端が丸くふくらんでいるものが多く見られます。

 

2014.2.21 更新
  • 全体
  • 全体2

ムラサキマムシグサ-全体

大きいものでは1mを越えます。
(2010.5 千葉市)

ムラサキマムシグサ-全体2

偽茎にはマムシ模様が・・・。
(2009.5 千葉市)

ムラサキマムシグサ-花

(2009.5 千葉市)


ムラサキマムシグサ-葉

葉は2枚で鳥足状葉序。
(2009.5 千葉市)