ムサシアブミ

top
サトイモ科 Araceae
海岸林などで多く見られる植物。
偽茎は葉柄短く花は葉よりも下で咲く。
葉柄は15-30cm、葉は2枚で3小葉、小葉は菱状広卵形で長さ10-30cm、先がツンと尖ります。
花柄は3-10cm、仏炎苞は暗紫色~白緑色で隆起する白条が見られます。筒部は4-7cm、口辺部は耳状に張り出し、舷部は内側にくるっと巻いています。

 

2015.5.3 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3

ムサシアブミ-全体

花は葉よりも下で隠れるようにして咲きます。
(2015.5 茨城県筑波山)

ムサシアブミ-全体2

3小葉からなる大きな葉が2枚あり、その下で花が咲きます。写真は小型の株で、
普通サイズの葉だとこの角度から花は見えないことが多い。(2015.5 茨城県筑波山)

ムサシアブミ-全体3

ちょっと遊んでみました。
(2015.5 茨城県筑波山)

ムサシアブミ-花

(2015.5 茨城県筑波山)


ムサシアブミ-葉

葉は2つで小葉は3枚。大きいものでは小葉は30cmにもなります。
写真は花の終わったもの。(2014.6 茨城県筑波山)

ムサシアブミ-茎

細い2本は別の株の葉柄。
(2015.5 茨城県筑波山)