アシタバ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
スーパーなどで葉が売られており、八丈島の名産にもなっています。
丈は50-120cm、葉は2回3出羽状複葉、小葉は広卵形でさらに裂け、光沢があり、柄の基部は袋状に膨らみます。
花は淡い黄緑色です。総苞片はなく、小総苞片は線形で数個。
よく似たハマウドは花色が白で花期は6月頃。

 

2016.3.19 更新
  • 全体
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

アシタバ-全体

丈は0.5-1.2mほど。
(2010.10 千葉県銚子市)

アシタバ-花

花期も鞘がそのまま残ります。
(2010.10 千葉県銚子市)\

アシタバ-花2

花は淡い黄緑色、良く似たハマウドは白。
(2014.11 静岡県下田市)

アシタバ-花3

小総苞は広線形。
(2010.10 千葉県銚子市)

アシタバ-蕾

(2015.11 静岡県下田市)


アシタバ-実

(2015.11 静岡県下田市)


アシタバ-葉

葉は2回3出羽状複葉で小葉は更に羽状に裂けています。
(2009.11 千葉県勝浦市)\

アシタバ-葉2

写真は2回3出ですが、小葉が更に深く裂けて羽状になるものも見られます。
(2015.11 静岡県下田市)

アシタバ-茎

総苞片はありませんが、苞が付いていました。茎の稜に毛が見られました。
(2013.11 千葉県勝浦市)