ドクゼリ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
3大毒草の1つ。地下茎に強力な毒性があり、セリと誤食事故が時々起きています。
丈は1mほど、茎は中空、葉は2-3回羽状複葉、小葉は3-8cmの長楕円状被針形で鋸歯が見られ、葉柄の基部は鞘状になり、付け根の茎は節状になっています。
花は半球状の小花序からなる複散形花序に付き、総苞片はなく、小総苞片は線形で多数。

 

2018.9.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

ドクゼリ-全体

湿原などでよく見られます。根塊は猛毒ですが、花の時期は特徴的なので
見間違えることはありません。(2017.7 青森県 旧・木造町)

ドクゼリ-全体

丈は1mほどになりますが、茎は細く、全体的にスカスカな感じ。
(2008.7 長野県白馬村)

ドクゼリ-全体3

蕾花序はややしな垂れる感じ。
(2014.8 長野県白馬村)

ドクゼリ-全体4

上部が一気に伸びて花を付けるためか、開花目前にもかかわらず、
葉も完全に展開していない。(2016.7 群馬県尾瀬)

ドクゼリ-花

半球状の小花序を多数散形に付けます。
(2008.7 長野県白馬村)

ドクゼ゜リ-花2

総苞片はありません。
(2014.8 長野県白馬村)

ドクゼリ-花3

小花序。鞠状になります。
(2014.8 長野県白馬村)

ドクゼリ-花4

小総苞片は多数。
(2011.7 尾瀬)

ドクゼリ-蕾

蕾の時は花序は下を向いている。
(2018.7 福島県裏磐梯)

ドクゼリ-実

(2018.9 長野県軽井沢町)


ドクゼリ-葉

葉は2-3回羽状複葉、小葉は被針形。
(2015.7 長野県白馬村)

ドクゼリ-葉2

小葉裏。
(2018.9 長野県軽井沢町)

ドクゼリ-茎

葉の基部はあまり膨らまず、鞘状。
(2015.7 長野県白馬村)