エキサイゼリ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
関東や中京圏の大河川氾濫域で見られる植物ですが、河川改修などでなかなか見られなくなってしまいました。
丈は30cm前後、葉は1-4対の羽状複葉で、小葉は1-3cmの長卵形~卵形で、小葉柄はありません。
花は複散形花序ですが小さく、総苞片や小総苞片は細い線形。

 

2017.5.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 芽だし

エキサイゼリ-全体

数日前の大雨で利根川の水を引き込んだようで、全体に泥をかぶっていました。が、氾濫域の植物ですから、これが本来の姿だともいえます。(2012.5 栃木県渡良瀬遊水地)

エキサイゼリ-全体2

(2012.5 栃木県 渡良瀬遊水地)


エキサイゼリ-全体3

(2017.5 茨城県 旧・水海道市)


エキサイゼリ-全体4

(2012.5 栃木県 渡良瀬遊水地)


エキサイゼリ-花

小さく線形の小総苞片、総苞片があります。
(2017.5 茨城県 旧・水海道市)

エキサイゼリ-花2

(2017.5 茨城県 旧・水海道市)


エキサイゼリ-実

(2014.5 栃木県渡良瀬遊水地)


エキサイゼリ-葉

葉は羽状複葉であるところがセリとの違い。
(2015.5 茨城県 旧・水海道市)

エキサイゼリ-葉2

小葉裏も無毛。
(2017.5 茨城県 旧・水海道市)

エキサイゼリ-茎

葉の基部は鞘状になりますが、膨らまない。
(2017.5 茨城県 旧・水海道市)

エキサイゼリ-芽だし

写真のロゼットの大きさは4-5cm。
(2017.3 茨城県 旧・水海道市)