エゾニュウ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
「壮大」という言葉がぴったりで、3m近い丈になり、幅も同じくらいあります。葉は2-3回3出羽状複葉、裂片は長楕円形で鋸歯があり、基部は大きく膨らみます。上部の葉は退化し、鞘部のみ。
花は大きな複散形花序に付き、小花序は多数。

 

2012.3.1 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2
  • 風景

エゾニュウ-全体

丈は2-3mと最大級。
(2007.6 北海道稚内市)

エゾニュウ-全体2

本州でもよく見られ、秋田駒ヶ岳の8合目駐車場のすぐ上あたりに沢山見られました。
(2009.8 秋田駒ヶ岳)

エゾニュウ-花

(2007.6 北海道稚内市)


エゾニュウ-葉

小葉は狭卵形で、鋭い鋸歯があります。
(2007.6 北海道稚内市)

エゾニュウ-葉2

葉も1mくらいの大きさがあり、壮大。
(2007.6 北海道稚内市)

エゾニュウ-風景

寄ってくる虫を食べているのか、ノビタキが花から花に飛び歩いていました。
(2007.6 北海道稚内市)