ハクサクボウフウ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
根がクマの好物と言われる植物。
丈は30-90cm、葉は1-2回3-5出羽状複葉で小葉はふつう広卵形ですが、変異が多く、細く裂けているものをキレハハクサンボウフウと呼びます。
花は複散形花序に付き、総苞片、小総苞片ともにないか、あっても1-2個で目立ちません。

 

2015.8.15 更新
  • 全体
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ハクサンボウフウ-全体

丈は10-50cm、茎葉は2-4個。
(2008.6 八幡平)

ハクサンボウフウ-花

花弁が内側に折れ曲がったような感じ。茶色い葯が覗いています。
総苞片はなく、小総苞片もふつうはありません。(2008.6 八幡平)

ハクサンボウフウ-花2

総苞片はないか1つ程度。
(2015.8 岩手県早池峰山)

ハクサンボウフウ-花3

小総苞片はないか1-2個。写真のものは2つ認められます。
(2015.8 岩手県早池峰山)

ハクサンボウフウ-葉

葉は1-2回3-5出羽状複葉。小葉は卵形で幅はいろいろ、粗い鋸歯がありますが、
深く切れ込むものもあり、キレハハクサンボウフウと呼びます。(2008.6 八幡平)

ハクサンボウフウ-葉2

葉の裂け方の異なるもの。5出状になっているものが見られます。
(2015.8 岩手県早池峰山)

ハクサンボウフウ-茎

葉の基部は袋状。
(2015.8 岩手県早池峰山)