ケタカネイブキボウフウ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
イブキボウフウの変種で高山に生えるタカネイブキボウフウのうち、果実に長い毛のあるものです。
タカネイブキボウフウと見分けが付きませんが、南アや八ヶ岳などにあるものは本種。

 

2012.3.1 作成
  • 全体

ケタカネイブキボウフウ-全体

キタダケトリカブトとコラボしていました。この写真では、
タカネイブキボウフウとの違いはわかりません。(2010.8 北岳)

ケタカネイブキボウフウ-花

花が終わると左のように赤みを帯びます。「子房や果実に長い毛」とありますが、
よくわかりませんでした。(2010.8 北岳)

ケタカネイブキボウフウ-葉

葉は細かく裂けますが、かなりバラツキがあるようで、写真のものは大きめ。
(2010.8 北岳)