ミチノクヨロイグサ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
エゾノヨロイグサの変種。
ミヤマシシウドによく煮ていますが、ミヤマシシウドに見られる葉裏の脈上の毛がありません。
なお、以前、ケナシミヤマシシウドと呼ばれていたものと同じものです。

 

2016.2.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2

ミチノクヨロイグサ-全体

ずっとミヤマシシウドだと思っていましたが、文献などからここのものは本種であると
確認されているようです。(2009.8 月山)

ミチノクヨロイグサ-全体2

シシウドミヤマシシウド同様、大きな複散形花序。
(2009.8 月山)

ミチノクヨロイグサ-花

小花序も半球形になります。
(2009.8 月山)

ミチノクヨロイグサ-葉

葉は3回3出複葉。頂小葉は3裂することが多い。ミヤマシシウドに似ていますが、
葉裏の脈上に毛がないのが特徴。(2009.8 月山)

ミチノクヨロイグサ-葉2

葉裏は白っぽく、脈上に毛は見られません。
(2012.8 月山)