ミヤマゼンコ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
丈は40-60cm、葉は2-5回3出羽状複葉で小葉は1-3cmの狭卵形~卵形で光沢があります。柄の基部は袋状に膨らんで、しばしば赤味を帯びます。
花は丈の割りにはやや大きな複散形花序に付き、小総苞片は数個。

 

2016.2.6 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3

ミヤマゼンコ-全体

丈は15-60cm、茎はがっしりしていて、葉柄の基部はふくらみます。
(2015.7 北ア・白馬岳)

ミヤマゼンコ-全体

(2006.8 北ア・白馬岳)


ミヤマゼンコ-全体3

(2011.8 山梨県北岳)


ミヤマゼンコ-花

(2006.8 北ア・白馬岳)


ミヤマゼンコ-花2

小総包片は線形。
(2015.7 北ア・白馬岳)

ミヤマゼンコ-花3

総包片が見られなかったもの。
(2015.7 北ア・白馬岳)

ミヤマゼンコ-花4

総苞が見られたもの。
(2015.8 山梨県北岳)

ミヤマゼンコ-葉

葉は2-4回3出羽状複葉、小葉は卵形~長卵形。
(2006.7 北ア・白馬岳)

ミヤマゼンコ-葉2

(2011.8 北ア・白馬岳)


ミヤマゼンコ-葉3

小葉は卵形~狭卵形。写真は下部の葉。
(2013.7 長野県木曽駒ヶ岳)

ミヤマゼンコ-茎

(2015.7 北ア・白馬岳)