オオカサモチ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
丈は0.5-1.5m、茎は太く、葉は上部では対生、時に輪生状に付き、1-3回3出羽状複葉で、小葉は更に深く切れ込みます。
花序は茎頂に大型の複散形花序が付き、上部の葉腋などにそれより小さい花序を付けます。総苞片、小総苞片ともに線形で、更に切れ込むことが多い。

 

2015.7.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2

オオカサモチ-全体

1.5m以上の立派な株でした。
(2012.6 青森県 旧・三厩村)

オオカサモチ-全体2

高山帯近くのもの。まだ他の植物はまばらにしか咲いていないのに、
これだけ立派に咲いていました。(2015.7 北ア・白馬岳)

オオカサモチ-全体2

トリカブトが咲き始めても、咲き続けていました。
(2009.8 北ア・白馬岳)

オオカサモチ-花

総苞片は7-8個で羽状に切れ込んで裂片は線形。
(2008.7 岩手県早池峰山)

オオカサモチ-花2

小総苞は通常線形で、希に裂けます。
(2008.7 岩手県早池峰山)

オオカサモチ-葉

葉は1-3回羽状複葉で、更に裂けます。
(2008.7 岩手県盛岡市)

オオカサモチ-葉2

(2010.6 岩手県早池峰山)