ヒイラギソウ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
葉がヒイラギの葉に似ていることから付けられた名。
丈は30-50cm、葉は卵形~広卵形で鈍頭、基部は円形~浅い心形で縁の鋸歯は尖った歯牙状。
花は上部に3-5段付け、紫色で花冠2-3cm、やや下向きに弧を描きます。基部には苞葉が着く。裂片上唇は小さく2裂であまり立ちあがらず、下唇は3裂で中央裂片が大きい。萼は5裂で先が長くするどく尖ります。

 

2017.5.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 葉2

ヒイラギソウ-全体2

ヒイラギに似た葉の形が特徴的。
(2017.5 栃木県)

ヒイラギソウ-全体

上部の葉腋に複数の花を付けます。
(2008.5 群馬県)

ヒイラギソウ-全体3

(2016.5 栃木県)


ヒイラギソウ-全体4

花は枝先にまとまって付く。
(2017.5 栃木県)

ヒイラギソウ-全体4

(2016.5 栃木県)


ヒイラギソウ-花

花は青みの強い紫色で綺麗。
(2008.5 群馬県)

ヒイラギソウ-花2

花序には小さな葉が混じります。
(2017.5 栃木県)

ヒイラギソウ-花3

上唇は小さく、浅く2裂。
(2016.5 栃木県)

ヒイラギソウ-花4

下唇は3裂し、中央裂片が大きい。
(2017.5 栃木県)

ヒイラギソウ-花5

花冠筒部は長く、2cmくらい。外側には毛が見られました。
(2017.5 栃木県)

ヒイラギソウ-花6

萼は鋭く裂け、裂片は長く伸びます。
(2016.5 栃木県)

ヒイラギソウ-葉

名のとおり、ヒイラギの葉に似て、鋭い歯牙状の鋸歯が見られます。
(2016.5 栃木県)

ヒイラギソウ-葉2

葉裏は白く、まばらに毛が見られました。
(2017.5 栃木県)

ヒイラギソウ-茎

茎には稜があり、軟毛が見られました。葉柄にも見られました。
(2016.5 栃木県)