(型) ヒメサルダヒコ -コシロネの別形状-

top
シソ科 Lamiaceae
シソ科 Rabiatae
コシロネの別形状。
丈は10-40cmと小さく、下部の葉腋でよく分枝するのが特徴です。その他はコシロネと同じ。

 

2013.9.28 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 茎2

ヒメサルダヒコ-全体

丈は10-40cm。ここで見られたものは小さめで、葉は虫食いで満足なのがなく、
分枝している株全体は撮影できませんでした。(2013.9 神奈川県横須賀市)

ヒメサルダヒコ-全体2

葉腋にまとまって花を付けます。茎の稜にごくごく微細な上向きの毛のようなものが
観察されました。(2013.9 神奈川県横須賀市)

ヒルサルダヒコ-花

花は唇花には見えず、下唇も他より大きいという印象ではありませんでした。花冠内部に毛のようなものがあり、萼は5裂で先端は鋭く尖っていた。(2013.9 神奈川県横須賀市)

ヒメサルダヒコ-葉

葉はサジ状で広がる部分はやや幅の狭い卵形。下部は幅が広く卵形に近い形でした。葉裏の葉脈に上向きの毛が見られました。(2013.9 神奈川県横須賀市)

ヒメサルダヒコ-茎

下部の葉腋でよく分枝します。これが一番わかりやすい特徴。
(2013.9 神奈川県横須賀市)

ヒメサルダヒコ-茎2

茎の葉腋部分には線状の膨らみがあり、節のように見えます。本来はこの部分に毛が見ら
れるようですが、下部は脱落したようで見られませんでした。(2013.9 神奈川県横須賀市)