イヌコウジュ

top
シソ科 Lamiaceae
シソ科 Rabiatae
ヒメジソと同じような所にもあり、似ています。
丈は20-60cm、全体に短い毛が多くあります。茎は細毛があって赤味を帯びます。葉は2-4cmの狭卵形~卵形で柄があり、鋸歯が浅くて片側6個以上見られます。
花は茎頂や葉腋から伸びる総状花序に付き、花冠は紅紫色で長さ3-4mm。上萼片の先が長く鋭く尖ります。

 

2018.11.3 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 茎2

イヌコウジュ-全体

よく分枝してその先に花穂を付けます。
(2011.9 群馬県下仁田町)

イヌコウジュ-全体2

ヒメジソに比して、全体に赤味を帯びる印象があります。
(2013.9 栃木県渡良瀬遊水地)

イヌコウジュ-花

花冠は長さ3-4mm、上唇3列、下唇に濃いピンクの斑があります。雄しべ4つのうち、
完全雄しべは上の2つ、下の2つは葯はつかないのはこの属共通。(2015.9 千葉市)

イヌコウジュ-花2

花はやヒメジソより濃いピンク色のものが多い。花冠に微細な毛が見られました。
(2013.9 栃木県渡良瀬遊水地)

イヌコウジュ-花3

上萼片の先端は鋭く尖ります。花序の軸にも微細な毛が多く、
稜には下向きの毛が見られました。(2018.9 静岡県富士宮市)

イヌコウジュ-葉

葉は卵状披針形~長楕円形。鋸歯は6対以上あります。
葉の表面には微細な毛が見られます。(2007.9 千葉市)

イヌコウジュ-葉

葉裏。腺点が目立ちます。脈上に短毛が少しあります。
(2018.9 静岡県富士宮市)

イヌコウジュ-茎

茎には4稜があり、微毛が多い。
(2015.9 千葉市)

イヌコウジュ-茎2

微毛はよく見ると、下向きの屈毛。
(2018.9 静岡県富士宮市)

イヌコウジュ-種

径1.3mm、網目模様がある。
(2018.11)